不動産売買、物件探しを神戸 芦屋 西宮でお考えなら株式会社ランドマークへ。安心の実績とサービスで不動産売買を完全サポートいたします。

Calendar
<< September 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
キーワード
記事一覧

任意売却物件とは、どのような不動産でしょうか。


  • Category Tags : 不動産のQ&A
    任意売却とは、住宅ローンの融資を受けている人(債務者)と住宅ローン金融機関(債権者・抵当権者)との合意により、競売などの入札開始前に話し合いにより、担保となっている不動産を任意売買専門不動産業者に依頼して任意で売却することです。
    債務者(住宅ローンなどの借主)が住宅ローン・借入金等の支払いが何らかの理由で困難になった場合には、債権者(住宅ローン金融機関などの抵当権者)が担保不動産を差押して不動産競売の申立を行います。
    任意売却とは、この競売で処理される前に債権者と話し合いをして、一般の中古住宅のように、販売をさせてもらい債務を減らすことです。
    債権者側は、競売よりも、一般の中古住宅のように販売するほうが多く回収できるというメリットがあります。
    債務者のメリットは、任意売却処理後の住宅ローンの返済に柔軟(少額返済や一時金による減免など)に対応してもらえることです。
    また、購入者は一般の不動産より安く購入できます。
    任意売却の任意のとは、”当事者の意思による”という意味です。
    つまり、債権者と債務者の両方が合意して、売却とは、文字どおり売ることです。
    任意売却物件と一般の不動産の購入についてはほとんど同じです。
    売買契約をする際も通常のものを使用いたしますし、住宅ローンなども通常の物件と同じようにどちらの銀行でも取り扱い可能です。



    ヒマワリ4.jpg
    permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

    このページの先頭へ