不動産売買、物件探しを神戸 芦屋 西宮でお考えなら株式会社ランドマークへ。安心の実績とサービスで不動産売買を完全サポートいたします。

Calendar
<< August 2013 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
キーワード
記事一覧

記事一覧

公営住宅は借地借家法の適用があるのでしょうか。
祖父が、約50年前に郷里にある屋敷の土地を、親戚に貸しました。親戚は、そこに建物を建て住んでいます。約45年前から親戚は、納税代理人として固定資産税を支払っていたようです。現在、私の父に、年1回、税金分として18万円を送ってきます。この土地の税金は、年間20万円です。相手は、18万円を賃料と考えており、「借地権がある」と言っています。この契約は、賃貸借契約それとも使用貸借契約でしょうか。 現在、賃料が税金以下なら、使用貸借契約と考えてもいいでしょうか。
土地を借りています。20年の更新時期に際し、更新料を200万円支払うことを合意しました。ところが、我が家の家計が苦しくなり、200万円用意することができません。この場合、更新料を支払わないと、土地の賃貸借契約を解除されてしまうでしょうか。
地主から底地を購入してほしいと云われました。購入したほうがいいのでしょうか?
木造住宅を新築するため、4月から工務店と打合せを始め、6月に本契約を締結しました。契約後に、契約書の合意事項に基づき付近の地盤が良くないと言う理由で、工務店の負担で地盤調査を行いました。その結果、地盤改良が必要であり、見積金額が200万円ぐらいと算出されました。本来地盤改良は契約前に業者が行うべきで、契約後に問題が出て請求されるのはおかしいのではないでしょうか。現在、設計図は完了済みですが、確認申請は業者に対してストップをかけている状態です。これらの問題を含めて現在の請負契約を破棄することはできないのでしょうか。
宅地180㎡を貸しています。借主は、木造の2階建を建てています。私が賃料の値上げを伝えたところ、以後、借主は地代を供託し、2年ぐらいになります。以前、弁護士から、「地代の受取りを拒否したわけではないので、供託はできないはずだ」と言われました。そこで、私は、土地の賃貸借契約を解除しようと考えています。今、地代不払いを理由に賃貸借契約を解除できますか。
マンションを購入し、夫のみの所有名義としました。この場合、1. 所有名義をすべて妻に移転したとき 2. 所有名義の2分の1を移転したとき それぞれについて、住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)が適用されるかどうか教えて下さい。
現在、防火地域内で木造2階建てに住んでいます。手狭になってきたので、増築したいと考え、工務店に相談していますが、建築確認申請は必要でしょうか。また、それにかかる費用はどれぐらいですか。
不動産業者に一戸建を紹介され、売買契約を締結しました。買主は私と妻です。 代金5,000万円のうち、3,000万円を金融機関から借入れします。 手付金は1,000万円です。契約書にはローン条項を入れ、 「契約日から2月以内にローンが実行されないときには、買主は契約を解除できる」と書いてあります。 ローンは私が借りましたが、その後、妻は家を買うことに反対するようになり、 借入れも、私の連帯保証人になることも拒み、金融機関から借入れができなくなりました。妻をいくら説得しても、 妻は言うことを聞きません。この場合ローン条項に基づいて、売買契約の解除ができますか。
不動産業者の紹介で、土地を買うことになり、買付証明に捺印し、売主から売渡承諾書をもらいました。ところがその後、売主が「売らない」と言い出したようで、連絡がありました。売渡承諾書および買付証明には、売買代金、契約日、決済日も記載されています。これで売買契約が成立したと主張できませんか。

このページの先頭へ