不動産売買、物件探しを神戸 芦屋 西宮でお考えなら株式会社ランドマークへ。安心の実績とサービスで不動産売買を完全サポートいたします。

Calendar
<< September 2014 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
キーワード
記事一覧

記事一覧

ホテル業として部屋を一週間貸す場合と、不動産業として部屋を一週間定期借家契約により貸す場合とでは、法的な相違点はどうなりますか。
現在市販されている従来型の「賃貸借契約書」に、特約事項として、「期間の満了により、契約の更新がなく、借家契約は終了する」旨を記載した場合、定期借家契約の契約書として有効ですか。
生活の本拠として使用している店舗併用住宅の中途解約について、面積はどのように計測すればよいですか。居住部分のみの面積が200㎡未満ということですか、それとも、店舗併用住宅全体としての面積が200㎡未満ということですか。
居住用の建物については、賃借人からの中途解約が法律で認められていますが、「賃借人から中途解約をする場合は、損害金のようなものを支払わせることができる」旨の特約をすることはできますか。
賃貸人からアパートを定期借家契約で賃借している賃借人が、従来型の借家契約で転貸した場合で、定期借家契約の期間満了時に転借人が立退きを拒否した場合、三者の関係はどのようになりますか。
契約書に借賃改定特約を設けた場合、借賃増減請求権は一切認められないことになるのですか。
賃貸人の仲介をしている宅地建物取引業者が、「重要事項説明」として、「定期借家契約を結ぶ前に書面を交付して行う説明」と同様の説明を行った場合は、賃貸人から賃借人への説明が行われたことになるのですか。
期間の満了により賃貸借が終了する通知はどのような形式で行ったらよいのですか?
定期借家契約への切替えが認められない居住の用に供する建物の借家契約の賃貸人又は賃借人が死亡し、それぞれこれを相続した場合は、当事者が変わるので、定期借家契約に切り替えることができるのですか。また、建物の売買によりその所有者が変わった場合はどうなるのですか。
平成12年3月1日前に結ばれた契約を、同日以後において合意の上解除して、引き続き同じ建物について定期借家契約を結ぶことはできないのですか。

このページの先頭へ