不動産売買、物件探しを神戸 芦屋 西宮でお考えなら株式会社ランドマークへ。安心の実績とサービスで不動産売買を完全サポートいたします。

Calendar
<< July 2016 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
キーワード
記事一覧

記事一覧

賃貸マンションに入居して8年になります。最近水道料金がやたら高いと思っていたら、先日、水道局から、「どこか漏れていませんか?」という確認の電話がありました。もしかすると、と思い、トイレを確認したところ、ずっとチョロチョロと水が流れている。タンクを開けても溢れるぐらいは溜まっておらず、便器の方へ流れていました。不動産業者へ電話すると、「長年お住まいで、通常使用による設備の修理などが出た場合は、賃借人負担ですよ。何でもかんでもオーナーに負担させることは出来ませんよ!」という返事です。家主の義務ではないのでしょうか?
登記の中間省略をする場合、第三者のためにする契約を結んだとして、買主と第三者との契約形態はどうなるのでしょうか?また、宅地建物取引業法に規定される「自己の所有に属さない宅地建物の売買制限(法33条の2)」との関係も教えてください。
賃貸マンションに住み始めて半年が過ぎたころ、裁判所から手紙が届き、この部屋が競売に掛かっていることを知りました。間もなく裁判所執行官とかいう人がいきなり訪れ、強制的に部屋の内部の写真を撮って帰りました。まだ半年そこそこしか住んでいないし、契約も2年契約です。私は追い出されるのでしょうか?その場合、敷金や手数料、引越し代など誰かに弁償してもらえますか?仲介した不動産業者は家主の事情を調査すべきではないのですか!
月極駐車場に止めていた車が、地震で倒れた隣地のブロック塀で破損しました。車両保険は適用外といわれたので、貸主に修理代を請求できますか?
一戸建ての中古住宅の売買で、契約を交わして手付金を入れて決済を待っているさなかに地震があり、建物が半壊(大規模半壊・全壊)になった場合、今後どのように契約を進めたらいいのでしょうか?

このページの先頭へ