不動産売買、物件探しを神戸 芦屋 西宮でお考えなら株式会社ランドマークへ。安心の実績とサービスで不動産売買を完全サポートいたします。

Calendar
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
キーワード
記事一覧

記事一覧

築23年の鉄筋コンクリート造6階建マンションの2階住戸を所有しています。雨漏りにより住戸内に水が浸入し、カーペットとフェルトが水に濡れて使えなくなりました。管理会社に連絡すると、共用部分の問題だから保険を使って補修すると言い、4社から見積りを取ることになりました。見積り金額は、以前にマンションの修繕工事を請け負った会社が19万円、地元の工務店が14万円、ほか2社は35万円前後でした。管理会社の判断により、以前、管理組合発注の仕事をした実績もあり、見積り金額も安い地元の工務店に発注することになりました。その後、補修工事が行われました。見積りでは、カーペットとフェルトを両方交換することになっていたのですが、工務店はフェルトの交換をしていないことがわかりました。後日やり直し工事をしてもらうと、今度はカーペットを切られてしまいました。そこでカーペットの損害賠償を求めたところ工務店は、損害賠償額は自社見積り程度のカーペット代金までしか出さないと言いました。別の工事業者に補修を依頼した場合、その差額を当方が出すことは納得できません。工務店に対してどこまで請求できるのでしょうか。
マイホーム建設のために不動産会社の仲介で土地を購入し手付金200万円を売主に支払いました。ハウスメーカーに設計の依頼したところ、購入した土地の前の道路は「建築基準法42条1項5号(位置指定)道路」で、その土地の一部が自動車の転回広場に当たっていることがわかりました。私はこのことの説明を受けていませんでしたし、現地では確認出来ませんでした。結局土地の前面部分、約20m²が使えないことが分かり、予定していた建物が建ちません。自分に有利に進めるにはどうすればよいでしょうか。

このページの先頭へ